アニメ2chまとめ

話題のアニメ情報のまとめ

【腐女子必見】年下攻め商業BL漫画特選

   


変愛(作家:はらだ/出版社:リブレ出版)

好きだから求め過ぎる、欲しいから愛し過ぎる。

♢強気な鬼畜攻め×美人で淫乱な襲い受け

エッヂがキいたストーリーとエロスな表現で萌えと淫心をシゲキして“変愛”が恋愛に浄化するラブコメ&ハイパーエロ6作品+コミックス描き下ろしを収録。胸キュンで時にせつなく泣かせる…エロファンタジスタはらだのオリジナル初コミックス!

イメクラプレイ好きな塾講師が元教え子とガッコに忍び込んで!?/クズ男が怪我をした天使を陵辱。それが治癒効果に…?/俺の同級生が敏感すぎてやばい!童貞同士のキケンな遊び/伝説の舌を持つおしゃぶりのカリスマが廃業の危機!/ド鬼畜教師の愛が溢れた美し過ぎるSMプレイ!

ドスケベで愛があって 一筋縄じゃいかなくて とにかく面白い!!
はらださんのまんがが大好きです!

一見どエロのエロ作品のような顔をしていながら、この本は「人間」を浮き彫りにしている。
エロス、性欲、いわゆる本能から来る衝動と性癖と、そこにくっきりと描き出されてくるのはまぎれもない「人間」そのものなのです。
果たしてそれを意図して作者さんが作品を作り上げているのかどうかは不明ですが、この1冊の中に収まっているどの作品も、いわゆる「ただのエロエロ」でない、そこを通して見えてくるものがあまりに秀逸で、他のモノと一線を画したくなる作品と作家さんなのは間違いありません!

マザーズ スピリット(作家:エンゾウ/出版社:徳間書店)

今日も逞しい腕の中で朝を迎えました―――!!

♢美形ネイティブ青年×お人よし大学教員

理事長に留学生の世話を命じられた大学職員・稜一郎(りょういちろう)。なんと留学生・カルタカは、言葉も通じない未開の地に住むネイティブ!! 一族の戦士で超美貌の持ち主だが、スマホやテレビ、果ては水洗トイレを恐れる彼に稜一郎はうんざり…。だが、つたない言葉で「リョウイチロー」と呼ばれ懐かれるうちに、次第に心が傾いて!?

ギャグありぎゅんぎゅんありキュンキュンあり涙ありの、是非是非ふたりのその後も拝みたい、最高の美形ネイティブ青年×大学職員のLOVEでした…!

表紙よりも中の絵の方が、より凛々しくてセクシー。
男らしいのに、覚えたての日本語で言葉を区切って話す姿は可愛いし、
TVで見て初めてキスを知った攻めに、
「大切な人や好きな人にするんだ」と教えると、
事あるごとに受けにキスしようとするワンコになって、キュン~~
ガッチリ筋肉の付いた大きな体で、
受けにすり寄って甘えて安心顔になるところも、可愛すぎでした!

やたもも(作家:はらだ/出版社:竹書房)

ねぇおねがい・・・
 ・・・×××するから●●ちょうだい。

♢絶倫執着攻め×やんちゃビッチ受け

生活能力ゼロ、究極ビッチでクズでろくでなしモモ。オカン系男子で面倒見のいい純朴青年、八田(やた)ちゃん。公衆トイレでの‘事後処理’中という最低最悪の出会いから、八田ちゃんの人の良さにつけこんで、家に転がり込むことになったモモ。彼と過ごすうちに、ろくでなしなモモに少しずつ変化が…。そんな矢先、モモの過去のパトロンが表れて――。エロコメディ!なのに胸を抉る切なさもある、はらだワールド炸裂の1冊!

あっけらかんとドライなモモがやたちゃんに出会って、
今まで知らなかった感情を得て、人間らしくなって行く様の可愛さ!
表情がなんとも魅力的!
アホなエロ話かと思っていて読んでいたが、途中何度も涙腺にきた。

カラダを売る以外の生き方を知らないモモを見かね
八田がモモを部屋に住まわせたのが、付き合いの始まり。
オカンのような八田ですが、じつは絶倫で巨根、
ベッドでは常にガツガツ☆
余裕のなさが若者らしくてよかったです。

それでも、やさしい恋をする(作家:ヨネダコウ/出版社:大洋図書)

あの繋いだ手が 羨ましいと思った

♢ノンケなヘタレ攻め×ゲイのツンデレ受け
♢『どうしても触れたくない』のスピンオフ作品

出口晴海が好きになったのは、小野田良。三歳年下のストレート。気がつくと、好きになっていた。友達でいい。そう思っていたのに、どんどん好きになっていった。素直になれなくて、不安になって、ささいなことに幸せを感じて、言えない言葉がたくさんたまっていって──誰かを好きになる切なさと幸せがここに。

とにかく出口さんの乙女な思考や健気さにキュンキュンしました///
出口くん(受)は一見モテモテで恋愛にはドライ且つ慣れてる感じなのに、実は本気の恋愛に対しては臆病で健気で、とっても一途な男。まさにツンデレ。笑
ストーリーは、BLによくありがちな過去のトラウマや急展開な山谷展開もありません。が、その平凡な日常の中で悩み葛藤する恋愛模様がとてもリアルで、読んでいてキュンときたりグッとしました。

出口は小野田と出会って、一緒にいることの居心地の良さにだんだん惹かれながらも相手はノンケだし、彼女と一緒にいるところを目撃してしまったりで、自分の想いは隠しながらずっと友達としてそばにいます。
その間の距離間の保ち方や、3年間も自分の気持ちを隠し続けながらそばに居続ける出口が愛おしくて愛おしくてたまりませんでした。

テンカウント(作家:宝井理人/出版社:新書館)

この世にあるものは全て汚い

♢敬語な腹黒攻め×ノンケ美人受け
♢続巻あり

「黒瀬くんといると、少しだけ
普通の人になったみたいに錯覚する」
潔癖症の社長秘書・城谷は
偶然出会ったカウンセラーの黒瀬から、
潔癖症を克服するための
個人的なカウンセリングを受けることになる。
10項目を1つずつクリアする療法を進めるうち、
次第に黒瀬に惹かれていく城谷だが……?

無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書、
センシティヴな恋のセラピー。

何より潔癖症という設定が、「触れること」の萌えをこちらが過敏になってしまうほど感じさせてくれてイイ…!

メインの二人が美しいというのが印象です。城谷はもう少し男性らしさが欲しいかな…とも思いましたが、彼が潔癖症ということで過去に人と接する中で上手く築けなかった関係を思うと、そりゃこんなに自信なさそうにもなるな…と納得。きっちりスーツに手袋、手袋に隠された痛々しい手、そして黒瀬をちょっとずつ大事に思い始めている城谷はとっても綺麗です。

年下彼氏の恋愛管理癖(作家:桜日梯子/出版社:竹書房)

あんたの恥ずかしいとこ
 全部俺のもんにしてやる

♢男前攻め×天然美人受け
♢続巻あり

研究に没頭すると食事すら摂らなくなる、どこか儚げな研究生の理(サトシ)。
同じ研究室に入り浸っている後輩の泉(イズミ)は、自他ともに認める‘飼い主’としてそんな理の世話を焼く日々を過ごしていた。

ただ世話を焼いてるだけだったはずが、ある日、理が男に襲われた事実を知り、泉の中で理に対しての気持ちが大きく変化することに――。この感情は独占欲、所有欲、それとも…?

ドSを描かせたら絶品☆桜日梯子、待望の初単行本!

擬音まみれの描き下ろしは16ページ!!

不器用な先輩である受けの、飼い主と呼ばれている後輩の攻め。この二人が、ひょんなことから関係を持つところから始まります。その後、受けの実家の旅館で両想いになり、エロエロな展開に…という話です。
個人的に、受けのサトシさんが好きですね。かわいいけど、セクシーなところがいい!おとなしそうに見えて、絡むときは意外と積極的です。

内容は、他の方々が丁寧に書いてくださっているので省きますが、私の好きな年下ドS攻め!
こんなに受けがエロいのは反則だよ~~~って思いながら見入っちゃいました(笑)
飼い主の泉くんが居なくなると死んじゃうよとか殺し文句ですよ・・・理さん・・・。

続きはこちら

 - Uncategorized

×