アニメ2chまとめ

話題のアニメ情報のまとめ

少年ジャンプのエロ漫画「ゆらぎ荘の幽奈さん」騒動にあの人気漫画家がかみついた

   


「ゆらぎ荘の幽奈さん」とは?

『ゆらぎ荘の幽奈さん』(ゆらぎそうのゆうなさん)は、
ミウラタダヒロによる漫画作品。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)2016年10号より連載中。

霊に憑依されやすい冬空コガラシは、
家賃無料の永住権を獲得するために、
「ゆらぎ荘」に棲む地縛霊を成仏させるため引っ越した。
しかし、その地縛霊は幽奈という女性だった。
更に、ゆらぎ荘には数人の個性豊かな女性たちが住んでいた。
かくして、コガラシの彼女たちとのドタバタ劇が巻き起こる
妖下宿ゆらぎ荘の生活が始まった。

本作は、2017年7月3日発売の
週刊少年ジャンプ31号に掲載されたキャラクター人気投票結果発表に
描かれた表現に巡って論争が起きている。
(原文ママ)

実はこのまとめを作成した当初、その
「キャラクター人気投票結果発表に描かれた表現」の画像
(見開き2ページのイラスト)をこの場所に掲載したのですが、
NAVER運営者より非表示にされました。
それだけ問題がある、アダルト色の強い内容だということでしょうか。
少年誌である「少年ジャンプ」に掲載された内容なのですが・・・。

太田啓子弁護士は
「セクハラを娯楽として描くのは問題」と批判し
週刊少年ジャンプの不買と編集部への抗議を呼びかけた。

牟田和恵大阪大学教授も
「こうして子供の頃から、女性をただ性的対象物として見ること、
嫌がっている相手の意思を無視して裸にし
性的行為を行うのが普通のことだと学んでいくんですね。」と
苦言を呈した。

一方で別の意見も

弁護士の佐藤大和さんは
「少年ジャンプを読み『努力・友情・勝利』を学び
(ついでに性も学び)、弁護士を目指した僕としては、ちょっと…。
価値観は人それぞれですが。
性について過度に蓋をして規制(すぐに抗議)するのはどうかと」と
語っている。

美術家のろくでなし子は
子供にお色気漫画を読ませないのは親のエゴであると批判し、
規制より性教育が重要だと説いた。

「自分が親目線になると
『できればエロ漫画は見て欲しくない』と思うけど、
それは子供がいつまでも無垢であってほしい親のエゴなんだなぁ」
「(エロ漫画やAVは)みんなファンタジーなんだよ。
実際の人間にするには相手の了承が必要で、
避妊しないと病気や望まない妊娠するんだよ。
と性教育する方にはなぜ向かないんだろ」

そして、あの人気漫画家が公の場で発言した

漫画家の江川達也は当作の表現をハレンチ学園(永井豪)と比べ
「ぬるすぎて、ぬるすぎて、居眠りするレベル」と評した上、
「禁止する者は、子供の能力を低く見ている。」
「禁止を語る人は、相当知能が低い教育を受けてきたのだろう。」と
批判派を痛罵した

少年ジャンプを語るなら、創刊号からきちんと読解して語れ!
ハレンチ学園のエロ描写に比べたらこの漫画はぬるすぎて、
ぬるすぎて、居眠りするレベルな気がする。
あ、オレも少年ジャンプ読んでたのは、
子供の頃と連載してた頃くらいだから、なんとも語れないなー。
少年ジャンプの漫画で子供に一番悪い影響を与えた漫画は、
裸足のゲンだと思うなー。

でも、ダメな漫画だからと言って読ませないのは、間違ってる。
いろんなモノを読むことで人は大人になるのだ。
学校の間違った情報だけ頭に入れた子供は、下らない大人になるのだ。
文句言って「焚書しろ。」とか言ってる人は、
性に関して素晴らしいと思う漫画を描けばいいだけだと思う。
無能で努力もしない人が文句言って文化を破壊しようとする姿は、
過去からよく見かけるが、醜いものだ。
自分もクソな漫画やアニメで、
子供には悪い影響しか与えないモノは沢山あると思うが、
そういうものを見るな!とは言わないし、
そういうものは、作るな!とは言わない。
宮崎アニメや君の名は、とか教育上よくないが、
見たけりゃ見ればいいと思う。
ただ、あれは、教育上よくない!とだけ言っておく。それだけだ。

ダメな漫画だと言ってるのに、
子供は学校の図書館で教育上まずい裸足のゲンなどを読んでしまう。
だから、ハレンチ学園がいつでも読めるように置いておく。
頭の悪いインテリの人の教育上よい作品と、
頭の良い人が選ぶ教育上よい作品は真逆かもしれない。
馬鹿は禁止する。
賢い教育者は、評価をして、自由に読ませ、考えさせる。
禁止する者は、子供の能力を低く見ている。
低く見て虐待する。
大事なことは、子供に自分で考えさせることだ。
子供に自分の心の中を表現させることだ。
自分の無意識を意識させることだ。
禁止を語る人は、相当知能が低い教育を受けてきたのだろう。
可哀想なくらい頭の悪さが出てくる語りだ。

当の「少年ジャンプ」側はこう語る

「『週刊少年ジャンプ』には
毎週さまざまなご意見が寄せられます。
それに耳を傾け、より多くの読者の方に楽しんでいただけるよう
引き続き誌面作りに取り組んで参ります」

あたりさわりのない回答といったところですね。

「少年ジャンプ」は、過去にも今回とは比較できない規模の騒動を起こしている

それが江川氏の発言にもある「ハレンチ学園」だ

続きはこちら

 - Uncategorized

×