アニメ2chまとめ

話題のアニメ情報のまとめ

読めばわかる。小畑健のヒット作。

   


小畑健(おばたたけし)

代表作品に『ヒカルの碁』『デスノート』『バクマン』がある。

1969年2月11日生まれ
日本の漫画家、イラストレーター。
新潟県新潟市出身。血液型はAB型。

1986年に17歳で漫画家デビューをしている。
1989年に土方茂名義の『CYBORGじいちゃんG』で
週間少年ジャンプにて連載デビュー。

十代でこの画力。

1991年連載の『魔神冒険譚ランプ・ランプ』(泉藤進原作)より
小畑健名義になり漫画の作画担当となる。

アシスタント時代からその画力は高く評価されていたが中々ヒット作に恵まれず約十年の月日が流れる…。

1998年の連載開始『ヒカルの碁』
原作ほったゆみ

ある日小6のヒカルは蔵で古い碁盤を見つける。その瞬間、碁盤に宿っていた平安の天才棋士・藤原佐為の霊がヒカルの意識の中に入り込んだ。佐為の囲碁に対する一途な想いが、徐々にヒカルを囲碁の世界へと導いていく…。

囲碁を全く知らなくても絶対におもしろい作品。

囲碁ブームを巻き起こし、後の十段『伊田篤史』のプロ入りのきっかけとなる作品である。

神は伊田篤史をプロ入りさせる為に小畑にこの作品を描かせたのだ

ヒカルの碁、マジで良マンガすぎwww
面白いの域超えてるわ

ルールを知らなくてもおもしろいし。読んでもルールが全く解らない。

絵の説得力とストーリーの構成が成せる技だと思います。

ヒカルの碁の何がすごいって最終巻まで読んでも碁のルールがわからないこと

ヒカルの碁また読みたい、3周はしたけどルールは知りません

ヒカルの碁は面白くて全部読んだけど碁のルールは全然理解できんかった
分かるともっと面白いんだろうな

ほぼ動きのない囲碁なのに凄く激しいスポーツに感じる画力。

ここから怒涛の小畑伝説の始まりである!

その名を知らぬ者はいないであろう。
ジャンプ史に名を刻む不朽の名作。

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。死神 リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!! かつてないスリルとサスペンス!!

社会現象まで巻き起こした大作

2003年連載開始『DEATH NOTE』

ジャンプ最強コンビ小畑健と大場つぐみの最初の作品。
実写映画化など様々なメディアミックスがされ
コミックは全12巻ながら三千万部以上の売り上げを記録する。

続きはこちら

 - Uncategorized

×